織田信長の甲冑は存在しない?!雄山による再現作品について解説

織田信長はどんな人物?

三英傑として、戦国時代の中でも人気な武将である織田信長。彼は「長篠の戦い」や「桶狭間の戦い」などで新しい武器を駆使し、当時最強と言われていた騎馬隊をも倒したことで有名です。

非常に不利だと言われていた戦でも、型破りな発想や戦術により勝利を掴み取る。常識にとらわれず、新しいことへ挑戦する姿勢は現代でも学びになる部分ですよね。

数々の戦を乗り越えてきた織田信長は、戦術や戦略にこだわりながら、武器にも改良を加えます。常に思考をこらし変化を恐れない彼の甲冑とは、一体どのようなものなのでしょうか?

織田信長の甲冑は実は存在しない

結論から言うと、実は織田信長の甲冑は現存するものがありません。本能寺の変を機に滅ぼされてしまったため、織田氏に関わる武具は全て失ってしまったと言われています。そのため鈴甲子雄山では彼の性格やエピソードから推測して、織田信長の甲冑の再現に取り組むことにしました。

まずベースとしたのが、現在、紀州東照宮に所蔵されている徳川家康公の「南蛮胴具足」です。南蛮胴具足は、その名の通り西洋甲冑を意識した作り方になっているのが特徴です。新しいもの好きであった織田信長公は真っ先に飛びつくんじゃないかと考えました。 

兜の前立てには織田家の家紋「織田木瓜」に、豊臣秀吉の後立でも採用される、馬藺(バリン)をさし、信長公の威厳と迫力を表現しました。また、兜鉢の形状は、桃の実を思わせる形のため桃形(ももなり)と呼ばれるもので、これも南蛮甲冑らしい独特のデザインです。

また、当時同盟を組んでいた上杉謙信に「赤いビロードのマント」を贈ったというエピソードもあり、新しい西洋文化への積極的な姿勢から、マントも着せました。

袖や草摺、小具足(手甲や脛当て、沓など)は日本本来の甲冑のものを採用することで、和洋がバランスよく混ざり合った、独特な雰囲気の甲冑になっています。

織田信長公具足 十号

普及してきた織田信長公具足のデザイン

今回紹介してきた織田信長の甲冑は、実はゲームやイラストなどでも、この鈴甲子のデザインが採用されていることが多々あります。織田信長の性格や思考から工夫をこらした甲冑が、世間で定番になりつつもあるのをとても嬉しく感じます。

鈴甲子の作品の中には、鎧飾りにできる「織田信長公具足」の他、コンパクトで飾りやすい「織田信長公兜」や、勇ましく可愛らしい大将人形の「一番星 織田信長」など、織田信長公に関する作品を取り揃えています。色やデザインなど少しずつ異なっているので、お家のインテリアにも馴染みやすい作品が見つかると幸いです。ぜひ一度お手にとってみてください。

まとめ

西洋の文化も積極的に取り入れ、常に新しいものを吸収していった織田信長。そんな彼をイメージして作った鈴甲子雄山の甲冑は、今までの甲冑にはない新鮮さがあり、細部までこだわり抜いた作品です。

お子さまの節句祝いにもふさわしい甲冑かと思いますから、ぜひご検討してください。